オブリック株式会社

0120-211-330

お問合わせ・資料請求
栄養士の食育講座

管理栄養士の簡単栄養メモ②「肌の夏支度に最適!ビタミンA」

6月といえば「梅雨」、雨や曇りの日が多いので湿気が多くじめじめとした空気で元気が出ないですよね。

しかも、たまに晴れた日は油断して紫外線を浴びてしまったり…

実はこの時期は、気温も高くなり汗などによって汚れが溜まりやすく、お肌もベタつきやすいです。

過剰な皮脂分泌でニキビや毛穴の開きが気になる一方で、冷房などの影響でお肌が乾燥したり、不安定な状態になっています。

 

そんなお肌の問題が出てくるこの時期には「ビタミンA」

 

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあり、新陳代謝が良くなることで肌は元気になり、

ハリやツヤなどの美肌効果や、乾燥肌など肌荒れの予防効果に優れます。

 

そして、おすすめの食品は「鶏むね肉」

ビタミンAがたくさん含まれており、その含有量は豚肉や牛肉の10倍以上と言われております!

加えて鶏肉の皮には、ゼラチン質であるコラーゲンが多く含まれています。

コラーゲンはタンパク質の一種で、肌の乾燥を防ぎ、プルプルの肌をつくる効果があります。

 

おすすめ調理方法としては、6月の料理教室で作った「よだれ鶏」ように、

鶏むね肉は余熱でじっくり火を入れて茹でることによって、普段気になるパサつきを無くし、しっとりとした食感に仕上げます。

そして、コラーゲンは水に溶けるので、その鶏肉のゆで汁で作った、

コラーゲンたっぷりの美肌たまごスープで無駄なく美肌になっちゃいましょう!

 

本格的紫外線が強くなる前に、お肌の調子を整えて梅雨を乗り切りましょう!

サイトマップ
0120-211-330