オブリック株式会社

0120-211-330

お問合わせ・資料請求

防災対策も万全に

防災対策できていますか?

 

東日本大震災から10年たった今でも余震が続き、いつどこで地震が起きてもおかしくありません。

非常食や、情報を収集するためのラジオ、非常トイレといった生活用品などの他にも、自分の身を守る保護具も備えておくことが重要です。

頭部を守るヘルメットや、足を保護する安全靴まで用意したくても、保管する場所がない…。

という方にもおすすめな防災用品を紹介します。

 

業界最薄3.3㎝「フラットメット」

頭部を守る保護具選びのポイントとして、身近に保管できるもの、コンパクトで保管・携帯しやすいと安心と言われています。

今回紹介するフラットメットは、折りたたむことができるヘルメットだから保護具に最適です。

しかも、折りたたみ防災ヘルメットでは業界最薄の3.3㎝と、とてもコンパクト。なんと、体積を40%も削減しました。

これだけコンパクトなら家族人数分備えても、保管スペースが大幅に削減されたおかげで邪魔になりません。

さらに、小さいお子様がいるご家庭には、キッズサイズもあるから家族に合わせて備えておくこともできます。

 

 

 

flatmet_thinflatmet_conpact

 

装着も簡単・安心

ヘルメットなのに薄いと不安を感じるかもしれませんが、飛来・落下物用国家検定合格品だから、災害時でも安心・安全。

開き方もロックを解除して両端から押すだけなんです。緊急時に備えて、あらかじめサイズ調節を行い、

組み立て方を確認しておけば、いざという時も素早く装着することが可能です。

 

flatmet_useflatmet_hirai

 

 

頭部だけでなく、足元も

靴を履いていれば大丈夫と思うかもしれませんが、それでも、クギやガラスで怪我をする危険性があります。

この危険性を知らない人の割合は56.3%と半数を超えており、軽いケガでも破傷風などの感染症に繋がるケースもみられるため、

注意が必要です。でも、踏抜き防止カップインソールなら、お手持ちの靴に入れるだけで防災シューズの役割を果たしてくれるんです。

このインソールには、0.5mmのステンレス製踏抜き防止板が内装されていて、約100㎏の荷重に耐える踏抜き性能で足裏の安全を守ります。

ステンレスというと、歩きにくいイメージがあるかもしれませんが、高い屈曲性で長時間歩いても負担になりません。

サイズもガイドラインがついているから、自分のサイズに合わせておけばすぐに利用できとても便利な優れもの。

コンパクトだから、家族分備えておいても邪魔になりません。

 

 

aboutFuminukiImgchangeImgfeatureImg03featureImg04

 

 

 

 

 

 

 

サイトマップ
0120-211-330