オブリック株式会社

0120-211-330

お問合わせ・資料請求

HEMSとは

「HEMS」とは、「Home Energy Management System」の略で、家庭におけるエネルギー管理を支援するシステムのことをいいます。IT技術によって発電機器や家電、各部屋をネットワーク化し、人に代わって使用状況を把握したり、家電機器の最適運転を促してエネルギーを無駄なく賢く利用できるようにします。

普及が進むHEMS

2016年に予定されている電力小売りの自由化に向けて、政府や事業者らが本格的に動き出しています。電力の自由化に伴って、消費者はこれまで電力会社から買っていた電気を、自分達に合ったプランを提供する会社を選んで購入することができるようになります。
エネルギー消費を管理するHEMSを住宅設備に取り入れる事で、効率よく電気を購入する目安になります。現状、大手住宅メーカーを中心にHEMSの設置が進んでいます。また新築住宅だけで無く既存の住宅にも、HEMSの設置ニーズが増える事が期待されます。

エネルギーの流れを「見える化」

HEMSでは、発電や売電、消費電力の状況などを一目で把握することができます。今、太陽光発電でどの位の発電が行われているか。各部屋の電力の使用量や、家電の消費電力を数値でリアルタイムに記録し、家庭内のモニタ画面に表示します。
データは蓄積されていくので、過去のデータと比較や確認ができます。(例えば過去の数値を見て「去年の同時期よりも節電出来ているな」と実感したり、季節ごとの発電量や消費電力量を予測できるようになったり。)

目に見えて実感できるから、省エネ意識が向上!

電力会社から届く検針票を見るだけでは、電気をどこにどれだけ使ったかがわかりません。最終的な数値だけの検針票に比べて、HEMSでは家の中で電力が「いつ、どこで、どれだけ」使われているかを即座に把握できるので、日常生活の中での対策をよりたてやすくなります。家族みんなで情報を共有して、さらに省エネに取り組みやすくなりますね。

家電を制御し、賢く使う「エネルギーマネジメント」

状況や情報に合わせて、HEMSが自動で家電を制御し、電力を効率よく利用します。HEMSでネットワーク化された発電機器や家電は、活動状況を数値で記録するだけで無く、HEMS側で各々の機器を予め設定した動きにコントロールし、最適化することができます。例えば、以下のような事が可能になります。

  • 人が居なくなった部屋に点けっぱなしの電気をオフ
  • 部屋が暖まったらエアコンをストップし、サーキュレータを回すなど家電を組み合わせて制御
  • 翌日の天気予報から、日照時間の不足を予測して太陽光発電の発電を蓄電池へ溜めておく
  • 電力使用量のピーク時に、家庭内の使用エネルギーを自動調整して使いすぎを防ぐ
サイトマップ
0120-211-330